ピックアップ


2017.09.11更新

羽曳野公演に出演された山口真文クインテットのみなさまより素敵なコメントをいただきました!

9月9日(土)に開催された

「山口真文 meets 奥平真吾」Jazz Live in 羽曳野

盛り上がりました!

 

メンバーの皆様はなかなか寡黙(!?)というのか、COOLですが

ステージに立ちプレイが始まると別の表情になります!

 

「ジャズの音楽性云々・・・、こムズカシイ解釈/解説」など理屈抜き!

音のカタマリを「これでもか!」ってぐらいにぶつけられる感覚でした!

 

魅せられました!

 

「すっげェー、カッコいいー!」と!

そして公演終了後に写真撮影にも快く応じて頂きました!

アツいパフォーマンスでお疲れの中アリガトウございます!

 

(左から)

中島 徹(Pf)

奥平真吾(Dr)

山口真文(T.sax)

広瀬未来(Tp)

荒玉哲郎(B)

 

そして・・・!

 

皆様から素敵なコメントを頂きました!

・・・さらに!

 

 

調子に乗って「別ポーズでもう1ショットください」とお願いし、

 

「フテくされたヤル気の無いミュージシャンのように足を組んで

ふんぞり返ったカンジで!」と悪ノリ&ムチャぶりリクエスト!(笑)

 

大変失礼しました!

 

そんな失礼にも楽しんで(!?)対応して頂き嬉しかったです!

 

そんな羽曳野公演は間違いなく「Enjoy Jazz Night!」といった

カンジでした!

 

See Ya!

 


2017.8.29更新

ジャズフルーティスト酒井麻生代さんよりコメントをいただきました(*´ω`)

8月26日㈯に「酒井麻生代カルテットJAZZ in河内長野」が開催されました!

日本屈指の実力者揃いのこのカルテット!!

 

すんばらしい演奏と楽しいトークで、ご来場いただいたお客様にも大変ご好評をいただき無事終演をむかえることが出来ました。

 

このカルテットを率いる、才色兼備のフルーティスト酒井麻生代さんよりコメントをいただきました!!

 

 

 

★酒井麻生代★

素晴らしいJAZZフェスティバルに参加させていただき、ありがとうございました!

聴いてくださっているお客様が大変熱心に耳を傾けて下さり、こちらも楽しく演奏させていただきました!

南河内全域でジャズがどんどん浸透していってるんだなと感じました。

 

今回は東京から日本を代表するミュージシャンと共に良いホールで演奏できたこと、光栄に思います。

私のCD「Silver Painting」もたくさんご購入いただけて感謝でいっぱいです!!

ジャズを愛する方々がこれからも増えていきますよう、私自身も頑張って活動していきたいと思います。

また皆様にお会いできますよーに!!!


2017.8.18更新

“パープルホール(藤井寺)”公演出演者からのコメント

7/29(土) 南河内JAZZフェスティバル2017 加藤英雄とアブナイ仲間たち! in 藤井寺公演の出演者からの終演後のコメントです。

 

 


2017.8.15更新

“すばるホール(富田林)”公演にゲスト出演のアコーディオン奏者かとうかなこさんの動画

2017年9月2日(土)公演のCafe' Manouche' avec ZaZa フレンチJAZZ LIVE in富田林にゲスト出演のアコーディオン奏者かとうかなこ さんの演奏動画を掲載します。さまざまなジャンルのアーティストとコラボレーションを行い、幅広い演奏で聴衆を魅了してくれます。

この機会にぜひその音色と演奏の広い世界観を感じてみてください。


2017.8.11更新

“LICはびきの”今回の公演「山口真文 meets 奥平真吾」の聴きどころ

今回の公演テーマは、ドラマーのトリビュート。ドラマーとしてだけではなくバンドリーダーとして卓越した存在である❝アートブレーキー❞とマイルスデイビスバンドで、大活躍しモダンジャズドラムに革命的な旋風を巻き起こした❝トニーウイリアムス❞へのトリビュート。その公演に最もふさわしいドラマーとして奥平真吾を東京から招いた。

 

奥平真吾は、3才にしてドラムを学び、9歳の時に坂本九、中村八大等とテレビに出演、その早熟な天才振りが話題となり一躍時の人となる。

1977年に初リサイタル、1978年に「処女航海」においてレコードデビュー。その後、本多俊之(Sax)バーニング・ウェーブ、辛島文雄トリオなど数々の著名バンドを経る。

1991年にニューヨークへ移住。ニューヨークではかつてのマイルス・デヴィス(Tp)のメンバーカルロス・ガーネット(Sax)のレギュラーを始め、多くのグループで活躍。

 

2010年に帰国。これまで6枚のリーダー・アルバムを発表。最新作では2015年に自己の新しいユニットによる「THISISNEW」をリリース。ピュアなジャズドラマーとして他に類を見ない存在であり、ワールドワイドな活動は衆目の一致するところである。

 

現在は自己のユニット、本多俊之(Sax)バーニング・ウェーブ・カルテット、増尾好秋(Gtr)トリオ、土岐英史(Sax)グループなどで活躍。現在、最も注目すべきドラマーである。

2013年の演奏映像※古野光昭之カルテット


2017.8.7更新

SAXOFORCE with 堂地誠人 の皆様からのコメント

8/5(土) 南河内JAZZフェスティバル2017 SWING & SMOOTH JAZZ IN 大阪狭山が盛況のうちに終了いたしました!

ご出演いただきました皆様からコメントを頂戴いたしましたので、掲載させていただきます。

SAYAKAホール公演以降の公演も大いに盛り上がることでしょう! 皆様のご来場、お待ち申し上げております。

 

以下、コメントをご紹介いたします。

 

★SAXOFORCE様からのコメント★

SWING & SMOOTH JAZZ IN 大阪狭山にご来場いただき、誠に有難うございました!サックスだけでのライブということでサキソフォンの魅力を存分に味わっていただけたのではないでしょうか??!!

サックス好きのお客様が多数ご来場いただいておりましたので、かなりディープな演奏をお届けしました!またぜひどこかでお会いしましょう!

 

★堂地誠人(ゲスト)様からのコメント★

本日はたくさんの方々にお越しいただいて本当にありがとうございました!南河内JAZZフェスティバルというすばらしいイベント、ぜひこれからも続けてください!

今回のマニアックなアンサンブル編成にもかかわらず、楽しんでいただけた様子は会場からびしびし感じました!

これからもぜひ堂地をよろしくお願い致します!


2016.11.23更新

Shojiro Yokoo & His Menの皆さんの終演後の一コマ★

 

演奏中と同じく、かっこいい皆さん!

ビシッとキメポーズ★

 

ですが・・・

実はとっても気さくで楽しい人たちです!

 

こんなおちゃめな一面もあるんです(*‘∀‘)ププ

仲の良さが伝わってきますね!

 

南河内JAZZフェスティバル2016は終わりをむかえましたが、それぞれでも活躍されていますので、これからも応援よろしくお願いします!!!

 

 


2016.9.18 更新

Shojiro Yokoo & His Menの皆さんからコメントいただきました!!

9月17日に開催された

「アニソン&スタンダードジャズ」in 河内長野('ω')ノ

終了いたしました!

 

終演後は、メンバーの皆さんもお疲れだったにも関わらず、サインに写真にコメントに!と快く応じていただきました(*'▽')

 

また、終演後の写真は後日アップしますので、楽しみにしててくださいね~(*´ω`)

 

 

 

 

 

 

 

☆メンバーからのメッセージ☆

◆横尾昌二郎(TP)

今年もラブリーホールで演奏できてうれしかったです。

選曲には毎年苦労していますが、楽曲の内容は毎年進歩していると思っています。

また河内長野の皆様と楽しい時間を過ごせるよう、精進いたします。

◆柏谷淳(A.Sax)

毎年楽しく演奏させていただいております。響きが良く気持ちよく吹けるうれしい会場です。ありがとうございました。

◆木畑晴哉(Pf)

お客様とのキョリがとても近く、演奏している私たちもエネルギーをいたいていおります。ありがとうございます!!

◆井上幸祐(Cb)

今年で2回目の参加でしたが、とても良い雰囲気で演奏させていただきました。

他にない特色をもった企画だと思いますので、まだこれからもここで演奏できる事を楽しみしております。

◆齋藤洋平(Dr)

毎年とても楽しく演奏させていただいております。

南河内のお客様が本当にあたたかくて、こんなにもJAZZに興味がある方がいらっしゃるのかと驚いています。

◆鈴木孝紀(Cl)

毎回あたたかいお客様のおかげで楽しく演奏させていただいております。

また来れる日を楽しみにしています!!

 

 


2016.09.11 更新

羽曳野公演に出演された山口真文クインテットのみなさまより素敵なコメントをいただきました!

9月10日(土)に開催された

「山口真文 meets 東原力哉」Jazz Live in 羽曳野

盛り上がりました!

そして公演終了後に写真撮影にも快く応じて頂きました!

アツいパフォーマンスでお疲れの中アリガトウございます!

(左から)

中島 徹(Pf)

荒玉哲郎(B)

山口真文(T.sax)

広瀬未来(Tp)

東原力哉(Dr)

 

そして・・・!

皆様から素敵なコメントを頂きました!

 

 

 


2016.09.04 更新

松原公演に出演されたTakako Ines Asahina & Neo Classicのみなさまより素敵なコメントをいただきました!

松原での初コンサート、”Neo Classic”初体験・・というお客様がほとんど。・・にも関わらず、とても盛り上がって嬉しかったです。そして、いろいろお世話をして下さり、とてもかっこいいステージを作って下さった松原市文化会館のスタッフの皆さん、本当にありがとうございました!またここで、演奏させて頂けるのを楽しみにしています。Takako Ines Asahina(Pf)

 

 

今回のJazzフェスティバルに呼んでくれてありがとう!また私たち”Neo Classic”が松原で演奏できる機会を楽しみにしています。Marty Bracey(Dr)

 

 

私たちの演奏を見に来てくれた皆さんと一緒に、素晴らしい時間を過ごせたことをとても嬉しく思います。またぜひ・・!Thomas Posner(B)

 

 

コンサートに来てくれた皆さん、暖かい歓迎をありがとう!来年1月6日の大阪フェスティバルホールでの私たちのコンサートでも皆さんにお会いできたら嬉しいです!Olu Togun(Per)

 


2016.08.02更新

羽曳野公演Pick Up!澤崎至さん(NPO法人関西ジャズ協会・事務局長)からコメントをいただきました!

 

テナーサックス奏者山口真文は、孤高のプレーヤーとして若いジャズミュージシャンから「真文さん」と尊敬の念を持って呼ばれる。ドラマーの東原力哉は「嵐を呼ぶドラマー」として音楽に対する厳しさと激しさから畏怖の念を持って呼ばれる。いわば静と動と好対の二人だが、この二人のコラボは「魂の燃焼」とも言うべき深く・熱い音楽空間を創造する。今回、さらにN.Y.で10年修行を積んだ新鋭広瀬未来のトランペットも参加。

加えて、強靭なリズムとサウンドを繰り広げるピアノ中島徹、関西のファーストコールベーシスト荒玉哲郎の二人がバックを支える。

今年は、モダンピアニストの二人の巨匠「ハービーハンコック」と「チックコリア」の音楽がテーマ。9月10日LICはびきのは関西でもっと熱いモダンジャズナイトとなる。


2016.07.31更新

藤井寺公演Pick Up!

南河内JAZZフェスティバル2016藤井寺公演【パープルホール別館 7月30日(土)】”Linx Saxophone Quartet with Percussion”から公演終了後にメッセージをいただきました!


2016.06.24更新

藤井寺公演Pick Up!

南河内JAZZフェスティバル2016藤井寺公演【パープルホール別館 7月30日(土)】に出演する”Linx Saxophone Quartet”のPV(プロモーション・ビデオ)が届きました!


2016.05.24更新

富田林公演出演Mon Dieu(モンデュー)よりメッセージをいただきました!

2009年に結成したMon Dieu (モンデュー)です。
皆さん「ジプシー・ジャズ」というジャンルをご存じでしょうか?
1920年代古き良き時代に、ジプシーの伝統音楽とアメリカの
スウィングジャズを融合し、情熱的でありながら哀愁漂うメロディ
が大ブームを起こし、多くの映画のサウンドトラックなどにも使用
されてました。 現在もフランスのカフェやレストランでは、このジプ
シージャズがお洒落なサウンドとしても好んで演奏されています。
Mon Dieu (モンデュー)は、ジプシージャズの演奏やファッション
など深くリスペクトしながら、独自スタイルにアレンジし お届けします。
南河内ジャズで、懐かしくもお洒落な時間を楽しんでください。

 

 

(写真は Mon Dieu with Ravi


2016.05.01更新

松原公演Pick Up!

南河内JAZZフェスティバル2016松原公演【松原市文化会館 8月27日(土)】に出演する”Takako Ines Asahina & Neo Classic”のPV(プロモーション・ビデオ)が届きました!


富田林公演Pick Up!

南河内JAZZフェスティバル2016富田林公演【すばるホール 9月3日(土)】に出演するジプシーJAZZグループの“Mon Dieu”(モンデュー)。

スタンダードJAZZとは趣きの異なる軽快なサウンドは必見です!ぜひこのサウンドを生の演奏で体験していただきたいと思います。

映像は2014年2月に行われた、ライブの模様です。ご覧ください。